banner

リノベーションリフォーム

横浜で一戸建てを手に入れリノベーションリフォームを実施

神奈川県横浜市は、神奈川県の県庁所在地でもあり、人気のエリアになっています。横浜市のお隣になる川崎市の中原区は、神奈川県の中でも土地の取引価格が高く、横浜市はその次に土地価格が高いと言われています。
勿論、同じ横浜市でも交通の便などが悪い環境などでは土地価格も安くなりますが、通勤や通学に便利な場所ともなると、手が出ないと言ったケースは多いのが現状です。
また、交通の利便性が良い場所でも、希望通りの間取りになっていなかったり、土地が少々狭いなど、満族出来るマイホームを探すのが困難な事も在ります。マイホームは一生の中でも最も高い買い物であり、十分検討をして満足が出来る物件を探し出す事が重要なのです。
一戸建ての種類としては、分譲住宅、注文住宅、中古住宅と言った何れかになります。分譲住宅の場合は、建築コストを抑えて一戸建て住宅が作られていますので、比較的買いやすい物件の1つでもあるのです。但し、分譲住宅の設計に関しては、購入者側の意向というものは考慮されません。
これは不動産会社が工務店などに依頼をして分譲住宅を作り上げ。それを販売しているからで、購入者は予め完成した物件や、設計が完成し、資材などが全て発注されている一戸建てを購入する事からも、購入者の意向と言うものが考慮されないのです。但し、分譲住宅の場合、建物が未完成の段階で販売を行っている場合は、設備のグレードについて選択肢が設けられたり、建具などの色や壁紙の色やデザインを選べるようにして販売を行っている事も在ります。
ですが、設計が終わっているため、間取りを変更すると言った事は出来ないのが特徴でもあるのです。一方、中古住宅は3つの一戸建て物件の中でも最も買いやすい物件の種類と言えます。

交通の便や土地の広さ、そして住宅環境などを重視し、価格もそれほど高くはない物件を手に入れることが出来ます。新築の物件なら6000万円するものが、中古一戸建てなら半値以下で購入出来る事もあるわけです。

しかも、住宅が有る周辺環境が良い場所でも安い価格帯で売られている事があるのです。このような中古住宅を購入して、解体を行う事で自由な間取りを作り出すリフォームが有ります。

これはリノベーションリフォームと呼ばれるもので、住宅の骨格だけを残して解体を行い、新しい間取りを作り出すリフォーム手法です。リノベーションリフォームは、一般的なリフォームとは異なり、構造体以外は全て取り壊しますので、水周りの変更も自由自在に行えるのです。しかもリノベーションリフォームは、住宅の基礎を残しますので、通常の解体工事よりも安く出来ますし、建て替えを行うよりもコストを抑えられると言った利点があるのです。

Copyright(c) 2014 横浜で一戸建てを前向きに検討するときに知っておきたい土地情報と住宅価格All Rights Reserved.