banner

徒歩圏で探すなら

横浜市で一戸建てを徒歩圏で探すなら

横浜市内でマイホームを持とうと考えている方、特に一戸建てを考えている方にとっては徒歩圏で希望の物件を見つけるのはなかなか難しいのではないでしょうか。特に一戸建てはマンションと違い、一戸一戸のスペースが異なることによりまとまった人数が同じエリアに住むことが出来ないため、土地の確保が難しいです。

それ故にマンションと比べて駅から離れたエリアに建てられることが多く、どうしても徒歩圏から外れることがあります。特に横浜市内では坂道が多く丘の中腹や頂上に一戸建ての住居群が多く見られます。横浜ではJR沿線の戸塚や横浜線沿線の菊名や小机、鴨井方面、相鉄沿線では泉区、栄区などになると徒歩圏で一戸建てを持つ方が多いです。

それ以外ではバスを利用したり、自転車や原動機付バイクで通勤する方もいます。東戸塚や保土ヶ谷、東神奈川周辺だと交通網が発達していることもあり通勤、通学にバスを利用する方がいます。不動産屋や住宅販売会社で一戸建てを販売する際に目安は徒歩15分以内を徒歩圏内と考え、15分以上でバス路線がある地域は両方を併記するようです。

不動産屋で一戸建てを求める客層もやはり最初は徒歩圏を希望する方が多くおり、次いで自転車、最後にバスでの通勤、通学圏内を選ぶようです。当然、地価や販売価格もそれらに比例し上昇することとなります。し

なしながら問題がいくつかあり、バス通勤、通学の場合、当然のことながら交通事故や渋滞によりダイヤ通りの運行が出来ないことが多々ある上、朝夕のラッシュで座ることもままならず通勤、通学地獄に陥ることになります。また、自転車やバイクの場合は雨の日や風の強い日は体力的にも大変辛いものがあります。当然、自身への交通事故のリスクを伴う可能性もあります。

駅によっては駐輪場、駐車場が有料でかつ、大変高額のため、利用者にとってはかなり負担になります。そういった観点から可能な限り徒歩で通勤、通学出来るエリアを選択することをお勧めします。当然、特急の停まる駅、商業施設やランドマークのある駅となると条件は厳しくなる一方なので、各駅停車の停まる駅、目立った商業施設や公的機関、観光地などがない駅を選ぶなど、条件のランクを下げる必要も出てきます。

健康を重視し、普段でも一駅分程度歩く方は少々離れている物件を選ぶことで価格も安く出来るため適していると思われます。最終的には歩いて通えるエリアを希望するのか、電車に乗ってからの利便性を重視するのか、の選択になります。

Copyright(c) 2014 横浜で一戸建てを前向きに検討するときに知っておきたい土地情報と住宅価格All Rights Reserved.