banner

横浜で一戸建て購入

横浜で一戸建て購入、平面図が読めると非常に有利

海の見える高台の傾斜地に計画する、横浜の一戸建て住宅を検討する場合、平面図に対し配慮すべき工夫はどのような事が求められるのでしょうか。ここで外す事のできないキーワードは、「海の見える高台の傾斜地」となるでしょう。

そこで求められるのは、高台であるが故に自然から与えられる景色を楽しむための工夫であり、与えられた傾斜地を最大限生かて住まう事の楽しさを演出する工夫となるでしょう。

さて、景色を楽しむ工夫とはどのような事が考えられるのでしょう。ここでは、一戸建ての特色を生かし、横浜の海が見える位置に居間の延長線上の感覚を有した大きなウッドデッキを配する事を提案いたします。そうする事で、一戸建てである事を意識した個性満載のウッドデッキを様々な角度から楽しみたいと思います。

ここで注意すべき事項は、高台であるため強風を避ける工夫、雨天の場合でも楽しめるウッドデッキを計画の主軸とすることです。それでは、景色を楽しむ為に演出すべき工夫として考えられる事を幾つか取上げて見ましょう。

最初に提案したいのは、ウッドデッキに露天風呂を作ろう、次に提案したいのは、天候に左右される事なく、朝食はウッドデッキで。次に提案したいのは、デッキ空間の彼処に様々な色合いが季節を彩る草花や、観葉植物に囲まれた非日常空間を作ろう。そのような提案が凝縮された平面図が求められる事でしょう。

そのためには、ウッドデッキに屋根を設置する事を提案いたしますが、この場合の屋根は強度に影響を与えない最大限をガラス天井とすることで、夜満天の星を独り占めする事が可能となるのです。さらに、壁となる部分にはアコーデオン式のガラス戸を全面に施す事で天気を気にせず、季節を気にすることなく一年中ウッドデッキを楽しむ事が宜しいのでは、と考えます。

露天風呂は信楽焼き等、陶器の丸型浴槽が似合うでしょう。ウッドデッキは傾斜を利用する形で、段差を設けて戴きたい思います。そうする事で、段差は其々個性あるステージとなる可能性が楽しめるはずです。一戸建ては贅沢な選択なので一戸建ての贅沢を思う存分堪能する平面図であり、個性溢れる、楽しめる家あることが求められるでしょう。

横浜である立地を最大限生かし、さらにリゾート的な非日常を演出する事は、都会生活にあっても、高台の我が家にはいつもリゾート的な遊び空間が待っている。このような心の余裕も家造に求められるのではと考えます。

Copyright(c) 2014 横浜で一戸建てを前向きに検討するときに知っておきたい土地情報と住宅価格All Rights Reserved.