banner

ディスポーザー付き物件

横浜市内でディスポーザー付きの一戸建てを探すなら

横浜市内で一戸建てを探している方にとってお勧めです。最近ではディスポーザーと呼ばれる機能が付いた一戸建てが人気を呼んでいます。ではこのディスポーザーと呼ばれる機能はどういうものなのでしょうか。

簡単に言うと台所の排水口に取り付けられた生ゴミ処理機です。魚の骨や野菜の芯、皮、鳥の骨など調理の過程や食べ残しにより出てしまう生ゴミを排水口に取り付けられたドリルのような、ジューサーのような機械が生ゴミを細かく砕き、排水口から配管、最終的には下水まで流してしまうものです。

暑い季節には生ゴミを家庭においておくと腐って悪臭を放つので、大家族で多くのゴミを定期的に出す家庭やマンションなどで高層階に住んでいる方、地域のゴミ集積場まで距離があり多くのゴミを、こぼさずに悪臭を放たずに持っていけない方にはかなり有効な機能だと思います。さらにゴミを出さないという点では環境保全に協力しているとも言えます。

横浜市で販売されている一戸建てにも最近はディスポーザー内臓のものが増えてきており主婦の間では人気となっています。一戸建ての場合、ゴミの集積所は自治会で管理されていることが多く、その市町村でのゴミの分別や捨てる日までが細かく取り決められています。そのため、ディスポーザーを持たない家庭では生ゴミを指定日まで自宅外のポリバケツなどに保管しておく必要があります。専用バケツの蓋やビニールで縛っていても夏になると暑さで生ゴミが腐り悪臭を抑えることは出来ず不快な思いをすることがあります、さらにそれらはゴキブリやその他の害虫を呼び寄せることもありますし、時にカラスなどに突かれることもあります。

ディスポーザーが付いていれば24時間、365日、いつでも生ゴミであれば処理し、排水口へ流すことが出来ます。

当然、いつでも流せるからと言っても配管に対するケアは怠ってはいけません。具体的には油汚れや、残しカスの付着や骨などの堅いものによるつまりを特殊な薬品や高圧洗浄機を使って配管のつまりを防ぐため年に数回実施することをおすすめします。

よって一戸建てを購入する際にはこのようなアフターサービスをしっかりやってくれる業者と提携しているか、も確認するようにしてください。

横浜で一戸建てを買うならば、地方とは異なり専門業者の数と質はしっかりしているので安心です。今後、リサイクルや環境問題に対する関心はこれまで以上に高まるので皆さんも自分の出すゴミは自分で処理する、という考えを持たれると良いのではないでしょうか。

Copyright(c) 2014 横浜で一戸建てを前向きに検討するときに知っておきたい土地情報と住宅価格All Rights Reserved.