banner

仲介手数料無料の物件

横浜の土地価格と一戸建ての仲介手数料無料物件について

横浜市には磯子区と呼ばれるエリアが有ります。磯子区は、横浜市の中で土地の取引価格が最も安いされているエリアで、1坪あたりの価格は48.65万円になります。一方、横浜市野中で土地の取引価格が最も高いとされるエリアは、中区で123.13万円になります。

これは2013年度の不動産取引価格で、差額としては1坪あたり約75万円になります。一戸建ての家を手に入れる場合は、誰もが土地価格を重視していくことになります。

尚、建売住宅などの場合は、総額4500万円と言った形でチラシが作成されているケースが多いものですが、総額4500万円と言う金額の中には、土地価格と建物価格の両方が加算されてチラシが作られています。

しかしながら、4500万円のうち土地価格が幾らで、建物価格が幾らになるのかは、総額で記載されていると解りません。大半の場合が、不動産会社や販売会社が説明をしてくれますので問題は在りませんが、明記されていない場合は、確認をしておくことが必要なのです。また、中古物件の場合も同じで、建物価格と土地価格を知っておく必要が有ります。

一戸建て住宅の中でも分譲を行っていたり、建売での販売を行っている場合、販売主は必ず存在しています。

 

しかし、販売を行っているのが不動産会社の場合は仲介手数料が必要になります。尚、販売主が不動産会社の場合は手数料は不要になりますが、中古一戸建てのように売主が不動産会社と媒介契約を結んで販売を行っている場合は仲介手数料が必要になるのです。

尚、一戸建て物件の中には中古物件でも仲介手数料無料物件も在ります。一戸建てにおいて仲介手数料というのは100万円近い金額になります。
仲介手数料は不動産会社に支払う手数料であり、販売価格の3%に6万円を加算し、更に消費税が必要になりますので、3000万円の中古一戸建てを購入した場合は、96万円に消費税が加算されますので100万円を超える金額を支払う事になります。

仲介手数料無料物件を購入する事で、この100万円と言う金額を節約する事が出来る事になります。しかしながら、仲介手数料というのは、不動産会社にとっては利益になるお金ですので、そう簡単に仲介手数料無料という事は在りません。

ですが、仲介手数料と言うのは売主側と買主側の両方から徴収を行いますので、宣伝にかかる費用などのコストが削減できる場合は、売主側だけの仲介手数料で販売を行う事が可能になるのです。

もちろん横浜で一戸建てを建てる場合には注文住宅として1からかかわっていくことも面白いことです。

一生でそう何度もない住宅を建てる、買うという行為を自分が納得する形で実現できることが一番です。

Copyright(c) 2014 横浜で一戸建てを前向きに検討するときに知っておきたい土地情報と住宅価格All Rights Reserved.